アシックス、創業者 鬼塚喜八郎が生前に描いたヒマワリモチーフの靴とアパレルを発売

 アシックスジャパンが、創業者 鬼塚喜八郎氏の生誕100周年を記念し、シューズとアパレルを同氏の誕生日である5月29日に発売する。国内のアシックス、アシックスタイガー、オニツカタイガーの一部店舗を除く直営店、公式オンラインストアのほか、30日からは伊勢丹新宿店と伊勢丹オンラインストアでも取り扱う。価格帯は税別1万2,500円〜2万円。

ヴィジュアル - 画像: アシックスジャパン

 鬼塚氏は、「スポーツを通じて若者の健やかな心身の成長を支えたい」という思いのもと1949年にアシックスの前身である鬼塚を設立。2007年に逝去した後も同社では「健全な身体に健全な精神があれかし」という創業哲学が受け継がれている。
 
 今回発売する商品は、鬼塚氏が生前に描いたヒマワリをモチーフに、赤、オレンジ、黄色を配した。シューズは各ブランドの代表的なモデルをベースにしており、アシックスからは「Gel-Quantum」(2万円)、アシックスタイガーは「Gel-Mai」(1万6,500円)、オニツカタイガーからは「Tiger Corsair」(1万3,000円)が登場。鬼塚氏の生まれた1918年にちなみ、それぞれ1,918足の数量限定となる。アパレルは3ブランドのロゴをあしらったTシャツ(1万6,000円)とパンツ(1万2,500円/いずれも税別)を展開する。また、同コレクションの商品1点につき、恵まれない状況下の子どもにスポーツプログラムを提供する団体「ライト トゥ プレイ(Right to Play)」に10米国ドルが寄付される。
 
 5月30日から6月4日まで、イベント「Kihachiro Onitsuka 生誕100周年 by Asics 〜鬼塚喜八郎が描いた未来〜」が伊勢丹新宿店で開催。これまでに製作された商品の展示や限定商品の販売のほか、フィットネスアクティビティを用意する。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - シューズコレクション