アシックス、国際パラリンピック委員会とサプライヤー契約を締結

 アシックスが7月9日、国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee、以下IPC)とオフィシャルサプライヤー契約を締結したと発表した。契約期間は2020年12月31日まで。

発表会の様子 -Image by: Fashionsnap.com

 アシックスは今後、IPCの公式イベントでスタッフユニフォームを提供するほか、2019年からはワールドパラ水泳、ワールドパラパワーリフティング、ワールドパラ射撃へも製品提供を行う。2020年1月1日からは東京2020年パラリンピック競技大会およびIPC主催大会において、日本代表チームと難民選手団のウェアのほか、約60の開発途上国のパラリンピック委員会に対して約300人分のトレーニングウェア、競技ウェアを提供する予定だ。なお、60の開発途上国はまだ決定しておらず、今後選定基準を策定する。

 商品の開発に関しては、アスリート個々の体型やキャラクターに合わせて「スポーツウェアのオートクチュール化」の実現を検討しているという。シューズでは義足に対応し、ウェアではボディを共通して用いて各選手の必要に応じてパーツを足していく仕組みを考えており、着脱が容易なアイテムを開発していく。ウェアは2019年以降に完成する見込みだ。

 アシックスはこれまで、2016年のリオパラリンピック、2018年の平昌パラリンピックなどで日本代表選手団に競技ウェア等の商品を開発・提供してきた。アシックス代表取締役会長CEO 尾山基氏は、IPCが目指す「パラリンピックムーブメント」の推進を通じたインクルーシブな社会の創出に貢献し、真の共生社会の実現を目指していくと語った。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

スポーツビジネス
新規登録