アダストリア、大納会で年初来安値更新

 カジュアル衣料大手のアダストリアが東京証券取引所の2017年最終取引日となる12月29日の今日、急落して年初来安値を更新した。

アダストリア公式サイトより

 同社は12月28日に2018年2月期の第3四半期累計(17年3~11月期)連結決算を発表。売上高は、「ニコアンド(niko and ...)」や「スタディオクリップ(studio Clip)」「ベイフロー(Bayflow)」が好調に推移して前年同期比10%増の1,632億円だったものの、純利益が41%減の65億円と振るわなかった。

 前日終値は2,489円だったが、始値が2,302円と取引スタートとともに株価は下落。年初来安値となる2,271円を更新し、国内上場銘柄を対象とした値下がり率では1637社中2位だった。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッションビジネス
新規登録