アップル新社屋「Apple Park」4月にオープン、ジョブズの名を冠したシアターを併設

 アップル(Apple)が、175エーカーの広大な面積に建設を進めていた新社屋を「Apple Park」と名付け、4月から社員を移転することを発表した。移転には6カ月以上がかかる見込み。社屋および敷地内の建設は、今夏まで引き続き行われる予定だ。

Apple本社の新社屋 - Apple
 
 新社屋はサンタクララにオープン。設計事務所フォスター+パートナーズ(Foster+Partners)がデザインし、メインの建物の外装は世界最大規模の曲面ガラスが使用されている。職場とそれを取りまく緑地は社員にインスピレーションを湧かせるものとして、500万平方フィートのアスファルトとコンクリートの土地を、草地と乾燥に強い約9,000本のカリフォルニア原産の樹木に置き換えたほか、新社屋のリング内側の緑地部分には社員用としてウォーキング兼ランニングコース、果樹園、草地、人工池も設けられた。屋上部分には17メガワット分のソーラーパネルを設置し、再生可能エネルギーだけでの運営を実現。敷地内で太陽エネルギーを運用する自然換気型の建物としては世界最大となり、1年のうち9カ月間は暖房・冷房が不要になると見込まれている。
 
 建物内には、Apple Storeやカフェを併設したビジターセンター、フィットネスセンター、セキュリティで管理された研究開発施設に加えて、創業者スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の名を冠したシアター「スティーブ・ジョブズ・シアター(Steve Jobs Theater)」をApple Park内で最も高い丘の上に併設。シアターは今年後半にオープンする予定で、1,000席を持つ巨大な施設となる。スティーブ・ジョブズの妻ローレン・パウエル・ジョブズは、「スティーブは、カリフォルニアの陽光と広大な風景に、大いに刺激を受けていました。彼にとって、それほど大好きな環境だったのでしょう。Apple Parkは、彼の精神を神秘的なまでに体現していると思います。もし彼が生きていたら、Appleの皆さんがきっとそうするように、この輝くようなデザインのキャンパスで大活躍していたことでしょう」と述べている。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ビジネスイノベーション