アレキサンダー・ワンがCEO退任へ

 「アレキサンダーワン」は月曜、リサ・ガーシュ(Lisa Gersh)を新CEOに任命することを発表した。また同日、ステファニー・ホートン(Stephanie Horton)を新設の役職であるチーフ・ストラテジー・オフィサー(CSO)に起用。


 元「グープ」CEOのガーシュは、アレキサンダー・ワンの後任としてCEOに就任。ワンは2005年のブランド立ち上げ以来、会長・CEO・クリエイティブディレクターを兼務してきたが、この度CEOのポストを退任、会長およびクリエイティブ・ディレクター職には続投する。。

 「新CEOの起用とCSOの新設は、生産性と多角化の戦略を強調するものだ」とワン。「目まぐるしく移り変わる小売り業界の中で、現状に常に挑戦し続けることが必要。CEO在任中には、ブランドの強みや機会を見極め、未来の成長への基盤を築く努力をしてきた。リサとステファニーのメディア、ライフスタイル、そしてデジタル分野にわたる多彩なバックグラウンドは、新しい分野に事業を拡大するのに役立ってくれることだろう」。
 
 「グープ」では、ガーシュは、CEOと兼務で広告収入の管理、およびグープブランドの商品開発責任者として活躍。また、それ以前にはマーサ・スチュワート・リビング・オムニメディア(Martha Stewart Living Omnimedia)のCEOやNBCユニバーサル(NBCUniversal)での幹部、オキシジェン・メディア(Oxygen Media)の共同創業者および社長といった、重役を歴任している。 

 ホートンは「アレキサンダーワン」入社以前、ファーフェッチ(Farfetch)で、中国、ロシア、中東の市場開拓に向けマーケティングや宣伝戦略を。それ以前にはショップボップ(Shopbop)やヴォーグ(Vogue)、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)で管理職を歴任してきた。  

 上記に加え、アレキサンダー・ワンはトム・フロリオ(Tom Florio)およびジョナサン・ミラー(Jonathan Miller)を取締役に抜擢。両人はファッション、メディア、エンターテイメントやテクノロジーの分野で豊富な経験を持つ。

 

翻訳 Hana Kutsunugi

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨人事