インスタのキラキラ動画加工、ファッションウイークでブームに

 現在開催中の2018年春夏シーズンのファッションウイークで、キラキラ加工を施した動画のインスタグラム投稿がデザイナーやモデルなどファッション業界人の間でブームとなっている。

エヴァ・チェン(@evachen212)の公式インスタグラム

 キラキラ加工が施された投稿は、ランウェイを隅から隅までグリッターで埋め尽くし注目を集めた「コーチ(Coach)」のコレクション前後からインスタグラムで頻繁に見られるようになった。キラキラフィルターを愛用している業界人は、コーチのスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)や、インスタグラム社のエヴァ・チェン(Eva Chen)、人気メーキャップアーティストのパット・マグラス(Pat McGrath)、モデルのロージー・ ハンティントン=ホワイトリー(Rosie Huntington-Whiteley)、「ディオール」のメーキャップを担当しているピーター・フィリップス(Peter Phillips)など。モデルのメーキャップからショーのフィナーレ、私服などさまざまなシーンを収めた動画にキラキラ加工を施し、インスタグラムに投稿している。

 ヴィヴァースらが愛用しているのは、iOS向けアプリ「kirakira+」(120円)。ファッションウイーク期間中のブームとしてVOGUEなど海外メディアに取り上げられ急激に注目を集めているが、リリースされたのは約2年前だ。現時点ではフィルターが使えるのは動画のみで、写真には対応していない。

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッションラグジュアリーメディア