オメガ、国際オリンピック委員会とのパートナーシップを2032年まで延長を発表

 「オメガ(Omega)」が、国際オリンピック委員会とのパートナーシップを2032年まで延長することを発表した。

オメガ

 1932年のロサンゼルス大会から始まったオメガとオリンピックとのパートナーシップは、2032年の第35回オリンピック大会で100周年を迎える。オメガはこれまでに大会のオフィシャルタイムキーパーを27回務め、スターティングピストルや競泳用タッチパッド、1秒間に1万フレームのデジタル画像を撮影できる写真判定カメラ「スキャン O ビジョン ミリア」といった計時装置を導入。IOCのトーマス・バッハ会長は、「オメガはスポーツの計時における世界的なリーダーであり、2032年まで契約が延長されたことで、信頼性の高いオメガの専門技術をオリンピックのアスリートたちに引き続き提供できるようになります」とコメントしている。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

スポーツウォッチ産業