オンワードが「シャーロット オリンピア」の運営権を取得

 オンワードホールディングスの欧州子会社オンワードラグジュアリーグループが、英シューズブランド「シャーロット オリンピア(Charlotte Olympia)」と戦略的パートナーシップを締結し、運営権を取得した。

「シャーロット オリンピア」のシューズ 画像: Fashionsnap

 オンワードラグジュアリーグループは、同ブランドの取得を通じてラグジュアリーアクセサリー市場のブランドポートフォリオを強化する狙い。ブランド創設者兼デザイナーのシャーロット・オリンピア・デラルとプレジデントのボニー・タカールは今後も現職に留まる。商品のデザインやマーケティング、小売はシャーロット オリンピアが継続して手掛け、オンワードラグジュアリーグループは企画開発や製造、卸を担う予定だという。

 シャーロット オリンピアは、2008年にロンドンで誕生。古き良き時代のグラマラスな世界観から着想を得たキャッチーなデザインの靴を多くそろえており、猫の顔をアッパー部分に取り入れたパンプスで広く知られている。

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズビジネス