オンワード樫山/SC向け新ブランド、9月からイオンモールに投入

 オンワード樫山は4月9日、ショッピングセンター向けの新ブランドとして、「フィールド/ドリーム」を9月からイオンモールを中心に展開すると発表した。

大澤社長

 2016年春夏に終了した既存カジュアルブランド「フィールド/ドリーム」をリブランディングして開始。新たなターゲット層を30代前後の子育て世代とした。
 
 2019年2月期は、下期からイオンモールを中心に10店の出店が決定しており、初年度売上高で7億円程度を見込んでいる。
 
 店舗面積は約165m2~330m2で、1店舗当たりの売上高は7000万円~2億円程度、1店平均年商1億円を想定する。来期には、25~30店の展開を想定しており、事業規模で年商30億円の規模を目指す。
 
 大澤社長は、「当社が開拓できていない非百貨店チャネルを開拓するブランドとして、『フィールド/ドリーム』を投入する。当社は百貨店ブランドを手掛けてきたため、接客を前提にした提案型ブランドしかない。あえて、これまでのオンワード樫山にないビジネスモデルで、セルフサービスで商品を購入したいお客様に向けたブランドを展開する」と語る。
 
 これまでの「フィールド/ドリーム」は、ショッピングセンターで展開しているSPA型のブランドよりも2段階くらいプライスゾーンが高い課題があった。
 
 大澤社長は、「価格競争が激しいSCで戦うために、必要な最小ロットが20店舗という数字だ。従来にないプライスゾーンを実現するため、モノづくりも開始している」と述べた。
 
 売場づくりは、従来のコーディネート提案型ではなく、シャツの部屋、ブラウスの部屋、パンツの部屋など、単品に特化した売場の集合体とする予定だ。
 
 あえて、単品集積で、単品を分かりやすくすることで、セルフサービスで買いやすい売場を目指す。5月中旬には、新ブランドの商品展示会を開く予定だ。
 
 店舗規模によっては、オンワードパーソナルスタイルが展開するオーダーメイドスーツの新規事業「カシヤマザ・スマートテーラー」の部屋も設け、タブレット接客でカジュアル以外のスーツ需要にも対応する予定だ。
 
 オンワード樫山として、久しぶりの新ブランドで大規模な展開を計画する中で、イオンモールも新たな切り口の新ブランドを模索しイオン傘下のローラアシュレイの撤退もあり、両社の狙いが一致したためイオンモールからの展開となったという。
 
 大澤社長は、「まずはショッピングセンターから展開を開始するが、将来的には、百貨店でも年齢層があえば出店をする。旧フィールド/ドリームは30億円の売上規模があったので、早期に30億円の売上を実現したい」と語った。



Copyright © 2018 All rights reserved.
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨リテールコレクション
新規登録