キム・ジョーンズが「GU」とコラボか

 先月パリで発表した2018-19年秋冬コレクションを最後に「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton )」メンズウェアのクリエイティブディレクターを退任したキム・ジョーンズ(Kim Jones)が、「ジーユー(GU)」とのコラボレーションを自身のインスタグラムで明かした。

キム・ジョーンズのインスタグラムより - Instagram @mrkimjones

 「『キム・ジョーンズ』ブランドの休止から10年の区切りを迎えるにあたって、気に入っているモデルを『GU』から再販する予定だ」との言葉と共に、「#GUKJ」のタグを投稿したキム・ジョーンズ。国と期間を限定して販売するとのことだが、それ以上の詳細は明かされていない。
 
 キム・ジョーンズはセントラルセントマーチンズを卒業後、2003年に自身のメンズウェアブランドを立ち上げたが、2008年には「ダンヒル(Dunhill)」のクリエイティブディレクター就任にあたって休止を決定した。
 
 2011年からは7年間「ルイ・ヴィトン」のメンズウェアを手掛け、ストリートウェアとクチュールを融合したスタイルで高い評価を得た。昨年には「シュプリーム(Supreme)」とのコラボレーションでも大きな話題を呼んでいる。
 
 1月18日に行った「ルイ・ヴィトン」最後のショーのバックステージで今後について問われると、ジョーンズは「モルディブで長いバカンスだよ!」と答えていた。
 
 ファーストリテイリングが展開する「ジーユー」は現在、日本の他に中国、台湾、香港でのみ展開しているが、今後は他のアジア諸国や欧米へも出店を拡大していきたい方針だ。クリエーティブな面の強化も図っており、昨年末には気鋭アーティストアエロシン-レックス・メストロヴィック(Aerosyn-Lex Mestrovic)とコラボレーションしたメンズストリートコレクション「Hybrid Tokyo」もローンチしている。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアコレクション