ゲオのリユースショップ「セカンドストリート」が海外進出、LAに1号店オープン

 ゲオホールディングスの中古衣料販売店「セカンドストリート」が海外進出する。子会社であるセカンドストリートUSA(2nd Street USA,Inc.)が1月12日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのメルローズアベニューに「セカンドストリートメルローズ店」を出店。衣料品やカバン、靴、アクセサリーなどを扱う。なお、日本のリユースショップチェーンが北米に出店するのは同店が初めて。

セカンドストリートメルローズ店 - 画像: ゲオホールディングス

 ゲオグループのリユース事業で海外初の店舗となる同店では、服飾品計約1万点をそろえ、販売だけでなく買取サービスも行う。出店時は日本全国のセカンドストリートで買取した豊富な在庫を活用し、日本ブランドコーナーを設置することで競合店と差別化。京都紋付が、色あせや汚れた中古衣料品を深黒加工で黒に染め上げ、新たな商品として再生する「クロフィネ(Kurofine)」も販売する。
 
 同店の初年度の売上は月商約10万米ドル(約1,112万円※1月12日時点)を想定。2019年3月末までに、カリフォルニア州にさらに2店舗出店する計画だ。
 

■セカンドストリートメルローズ店
所在地:7560 Melrose Avenue, Los Angels, CA90046
売場面積:75坪

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアリテール