ゴミ処理場で撮影されたステラ マッカートニーの新広告フィルム公開

 「ステラ マッカートニー(Stella Mccartney)」が、2017年ウィンターコレクションのキャンペーンフィルムを公開した。スコットランド東海岸のゴミ処理場が撮影の舞台となっている。

2017年冬広告キャンペーンステラ マッカートニー

 廃棄と消費の問題にフォーカスしたキャンペーンフィルムは、アーティストのウルス フィッシャー(Urs Fischer)とフォトグラファーのハーレー ウィアー(Harley Weir)が制作。2017年ウィンターコレクションのショーモデルを務めたブリジット コス(Brigit Kos)、イアナ ゴードニア(Iana Godnia)、ホアン ゾウ(Huan Zhou)が、今シーズンを代表するテーラリングのテクスチャーやニットウエア、ベルベット製のファラベラ ボックス、ステラ ポッパーバッグ、スニーク エリス、ランウェイスニーカーなどを着用して登場している。
 
 ステラ マッカートニーはフィルムの意図について、「このキャンペーンの焦点は、私たちがどのような存在でありたいのか、どのような行動を起こしていくのか、つまり私たちの姿勢と全体としての道筋を描写することです。私たちが人工的に作った環境は、他の生命体や星とは隔絶されていて現実に気づかないため、このように廃棄物が存在するのです」とし、環境問題についても言及している。

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨メディア