ザ・ウィークエンド、「H&M」の人種差別画像を受けコラボ中止を表明

 「H&M」が人種差別的なビジュアルを掲載した問題を受け、カナダ人歌手のザ・ウィークエンドがブランドとのコラボレーションを即座に中止する意向を発表した。

ザ・ウィークエンド と「H&M」のコラボレーション第二弾

 事の発端は「H&M」が商品イメージとして掲載した写真で、黒人の少年が「Coolest monkey in the jungle(ジャングルで最もクールな猿)」というプリントのスウェットを着ている。
 
 ザ・ウィークエンドはツイッターで、「今朝起きて、この写真に非常にショックを受け 、恥ずかしく思った。本当に腹立たしいし、『H&M』とはもう仕事をしないよ……」と投稿している。

ザ・ウィークエンドのツイッターより - Capture d'écran Twitter

 ザ・ウィークエンドは昨年、「H&M」と2度に渡りコラボレーションコレクションを発表した。
 
 今回の件については先週末からSNSで怒りの声が広がっており、「H&M」は問題の写真を削除して謝罪している。
 

 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨メディアピープル