シルクスカーフを中心とした日本ブランド「ラストフレーム」デビュー

 「ナナナナ(Nana-Nana)」など国内外ブランドのデザインを手掛けるデザイナーの奥出貴ノ洋が立ち上げたブランド「ラストフレーム(Lastframe)」が、2018年秋冬シーズンにデビューする。これに合わせて、9月26日から10月2日までの期間、伊勢丹新宿店本館にポップアップストアをオープンする。

Lastframe - Image: Model by Suzi Leenaars/Styling by Yoshi Miyamasu/Photography by Lorenzo Dalbosco/Hair & Make-up by Shintaro Teraoka

 ラストフレームは、奥出が経験してきた世界中の様々なカルチャーを日本の伝統技術を用いて表現するラグジュアリーブランド。ブランドの代表的なアイテムとなるスカーフは、生地に奥出の故郷・石川県の歴史ある紋織物技術によるオリジナルのシルクを、プリントに横浜の伝統的なスカーフ製造技術を用い、職人による手巻き縫いで作られている。職人の数が年々減少している伝統技術の状況を打破すべく、メイドインジャパンのラグジュアリーブランドとして世界に発信していくという。
 
 デビューコレクションのヴィジュアルでは、「ヴェトモン(Vetements)」をはじめ、「マルニ(Marni)」「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」などのランウェイモデルを務めるSuzi Leenaarsをモデルに起用した。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨コレクション