スタイリスト佐々木敬子が手掛ける「マイラン」からブラックフォーマルの新ライン

 スタイリストの佐々木敬子が手掛けるウィメンズブランド「マイラン(Mylan)」から、2017-18年秋冬コレクションで大人の女性に向けたブラックフォーマルの新ライン「マイラン ノアール(Mylan Noir)」がデビューする。

「Mylan Noir」展示会の様子 Fashionsnap

 マイランは、「Life is journey=人生は旅」をコンセプトに2014年に始動。8シーズン目となる今季は、佐々木自身が母として子供にまつわる行事に関わる機会が増え、TPOに応じた装いで相手に礼を尽くすことが大人の女性に求められるマナーやふるまいだと実感した一方、おしゃれでフォーマルな服がなかなか見つからなかったことから「自分が本当に着たいブラックフォーマル」を目指し、新ラインを立ち上げた。シンプルなアンサンブルのスーツやワンピースといったブラックとネイビーを基調としたラインナップは、デビュー以来、豊かな色彩を大切にしてきたマイランにとって初の試みとなる。9分袖や鎖骨が見えるネックラインなど、肌の露出を抑えつつ上品な女らしさを演出するよう胸開きや袖ぐりのデザインにこだわったほか、長めの丈が重たい印象にならないよう絶妙なバランス感に配慮して製作したという。価格帯は4万6,000円〜19万円。今後について、「あまり型も増やさず定番的に展開し、サイズや丈の微調整といったセミオーダーもできるような形にしたい」と語った。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアコレクション