スタッフの作業負担軽減へ、コックスがRFIDタグを導入した商品納入用ボックスの運用開始

 イオングループのコックスが、店舗への商品納入用ボックス「Ecobizbox」の運用を2月5日から開始する。

Ecobizbox - 画像: イオン

 Ecobizboxはアパレル業界で初めて(※2018年1月現在)、ボックスの管理をするためにRFIDタグを導入した納入用ボックスで、物流センターに設置したRFIDゲートに通すと行先や数量などを正確に管理することができる。またボックスは約200回以上繰り返し使用できるため、環境や作業負担に配慮した配送が可能になるという。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - その他ライフスタイル - その他リテールイノベーション
新規登録