デンマーク発「エコー」3Dプリンターで足に合うシューズが作れるサービス開始

 デンマーク発・コンフォートシューズ&レザーグッズブランド「エコー(Ecco)」が、データ解析による3dカスタマイズ体験を提供するプロジェクト「Quant-U カスタマイゼーション・プロジェクト」を立ち上げた。それぞれの足にあったシューズを作れるサービスで、アムステルダムにあるコンセプトストア W-21で期間限定での提供を4月から開始。日本での展開は未定となっている。

画像: Ecco

 同サービスは顧客の個人情報をもとにリアルタイムで足の分析を行い、データをもとにデザインした後、3Dプリンターを使いシリコン製ミッドソールを店舗内で製造する試み。リアルタイム分析はケンブリッジ・デザイン・パートナーシップ(Cambridge Design Partnership)との共同事業で、解剖学的スキャンとセンサーデータを組み合わせることでデジタル足型を製作することができ、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(The Dow Chemical Company)とジャーマン レップラップ(German Reprap)と開発した3Dプリンターによって、2〜3時間でミッドソール製造を可能にした。


 


 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズリテールイノベーションコレクション
新規登録