トム・フォード、 "see now, buy now"を中止 18年春夏はNYファッションウィークへ

 「トム・フォード(Tom Ford)」は、18年春夏シーズンに関して、ニューヨーク ファッションウィーク中、従来の公式スケジュールでコレクションを発表することを明らかにした。

Tom Ford - Mr. Man

 18年春夏コレクションはニューヨーク ファッションウィーク従来のスケジュールに沿うという「トム・フォード」。2016年2月以来、従来のショー日程から「見てすぐ買える」という"see now, buy now"のランウェイに切り替えている。

 英ヴォーグ誌によると、この即売形式により「ひと月分の売上が損なわれた」という。「ファッションショーの日程と店舗への配送スケジュールが合わない」ことが原因だとしており、「夏の時点で用意できているコレクションをすぐに店頭に並べることはせず、9月のショー直後に発売した。それに、ショー直後に話題にはなっても、ファッションウィーク中にコレクションを発表した時ほどの長い反響を得ることはできなかった」と説明している。
 
 ロンドンでショーを行ってきた「トム・フォード」だが、「一貫性のため」ランウェイショーの場をニューヨークに移すことを決めたという。「ロダルテ(Rodarte)」や「プロエンザ・スクーラー(Proenza Schouler)」をはじめ、ニューヨークを去るブランドが少なくない中での決定となる。他にも、ラフ・シモンズ(Raf Simons)は「カルバン・クライン(Calvin Klein)」にて、メンズ・ウィメンズ双方の日程でニューヨーク ファッションウィークに華を添えている。
 
 また、「トム・フォード」はウィメンズコレクションのデザインチームをロサンゼルスへと移す予定だ。一方で、メンズのデザインスタジオはロンドンに残留する。

 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアファッションショー