パリ ファッションウィーク:「セリーヌ」、変わらぬトレンドセッターのフィービー

 ファッション業界において、トレンドを左右することは重要だ。中でもフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)ほど影響力のある人物はいないだろう。「セリーヌ(Céline)」の最新コレクションも見事な出来栄えだった。

Céline - Spring-Summer 2018 - Womenswear - Paris - Photo: PixelFormula

 オーバーサイズでありながらフェミニンなシルエットが披露されたのは、「セリーヌ」がいつもショーを行うブローニュのテニスクラブで、ヨットの帆でできた大きな巨大なテントが風にはためいた。
 
 やはりテントを思わせるフラップつきのホワイトケープで幕を開けた。その下にはラペルのないカーキのリネンスーツを合わせている。フィービーはショーの後に友人と挨拶を交わしていたものの、コメントをすることは避けた。バックステージには素晴らしい商品が溢れ、マルチストライプのレザートート、ボールドなスネークスキンのタッセル付きシューズ、そしてバケツバッグなどが目についた。ファイロが直前までコレクションに手を掛けていたことがわかる。"See now, Buy now"とは対照的だ。
 
 オーバーサイズのマニッシュなジャケットが裾からプリーツスカートのように変形したアイテムは、非常に新鮮なルックを作っていた。また、フロアエレングスのケープをパイピングで仕上げたり、レースブラウスと腰布の組み合わせも見事だった。他にも、シルキーなレザーのドレスには、ブルーのフローラルトリムと大ぶりのパールを施したトレンチを合わせたり、あるいはバッグと同じストライプのレザーケープを合わせたりしていた。今後ストリートにも派生していくだろうスタイルを垣間見ることもできる。
 
 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ファッションショー