ビームスのTシャツデザインに指摘相次ぐ、販売中止及び回収を発表

 ビームス(Beams)が、関わりのないイラストレーターの作品と酷似したグラフィックデザインを使用したとして、該当商品の販売中止及び回収を公式サイトで発表した。

イラストレーターたかはたまさお のツイッターより -@takahatakun

 対象商品は、4月13日から販売されていた「Beams Heart」と「Beams Mini」の2種類のプリントTシャツ。4月26日、イラストレーターのたかはたまさおが自身の作品と酷似したデザインのTシャツがビームスで販売されていることに気付き、自身のツイッターで「Beamsが絵をトレスしたTシャツを売っていた」と投稿したことから今回の騒動に発展した。
 
 ビームスは騒動について「ご購入のお客様をはじめ、世間の皆様方をこのような形でお騒がせしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」とコメント。デザインは第三者の作品と酷似したグラフィックデザインであることに気付かずに採用したといい、今後は再発防止のために管理体制の強化に努めるという。対象商品の購入者には商品回収の上、代金の払い戻しが行われる。
 
 イラストレーターのたかはたまさおは、ツイッター上で「ちゃんと請求等求めたほうがいいという意見もありますが、ビームスの方からも謝罪のメールが有りましたし、それでいいんじゃないかと思います」とコメントしている。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェア産業
新規登録