ファストリがダイフクと物流パートナーシップ締結、ブランド倉庫自動化を目指す

 ファーストリテイリンググループが10月9日の今日、マテリアルハンドリングシステムで世界トップクラスのダイフクと中長期的・包括的な物流に関するパートナーシップ合意書を締結したことを発表した。ブランドの国内外における倉庫に世界最新鋭の自動化設備を導入し、顧客により早く商品を届けることを目指す。

ファーストリテイリング傘下ブランド「ユニクロ」 - Image: Fashionsnap.com

 グローバルパートナーシップの締結に伴い、倉庫自動化の計画や実行、メンテナンスに対応するための特別チームを編成。自動化設備の導入にあたり、設計・機器・資材・専門的人材の調達や、建設、試運転を含む全過程における業務を一貫して推進し、最短での自動化設備導入を目指す。また、自動化設備の生産性を最大化するために必要な物流システムの開発を計画・実行していくという。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - その他産業ビジネス
新規登録