ファストリ欧州人事異動 ユニクロ・ヨーロッパ、プリンセス タム・タム、コントワー・デ・コトニエ新CEOに守川卓

  ファーストリテイリング傘下の子会社であるユニクロ・ヨーロッパ(Uniqlo Europe)、プリンセス タム・タム(Princesse Tam Tam)、コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)の新CEOに、守川卓が就任する。

Uniqlo

 2015年にベーント・ハウプトコーン(Berndt Hauptkorn )に代わってユニクロ欧州事業CEOに就任し、2016年からはプリンセス・タムタムとコントワー・デ・コトニエのトップも兼任するようになった桑原尚郎の後継となる守川新CEO。以前は東南アジア・オセアニアのユニクロ事業を担当していたほか、ロシア事業の責任者も務める。
 
 ファーストリテイリングの2017年8月期決算において具体的な数字は明かされなかったものの、プリンセス タム・タム事業は赤字が継続、そしてコントワー・デ・コトニエ事業も減収との発表があった。後者は先日、デザイン刷新でブランドの原点に立ち返るコレクションを披露したばかりだ。
 
 グループの8月期連結売上高は4.2%増の8610億円だった。また、最近では、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が、2019年をめどに社長職から退く考えも明らかにしている。

 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアランジェリーファッション - その他人事