ヘンリー王子と結婚、メーガン・マークルがロイヤルウェディングで「ジバンシィ」のドレス着用

 日本時間5月19日20時すぎに開催されたヘンリー王子との挙式で、米女優のメーガン・マークルが「ジバンシィ(Givenchy)」のウェディングドレスを着用した。

The Royal Familyのインスタグラムより

 挙式はロンドン近郊にあるウィンザー城内のセントジョージ礼拝堂で開催。ウェディングドレスをデザインしたのは、ジバンシィのアーティスティックディレクターを務めているイギリス人のクレア・ワイト ・ケラー(Clare Waight Keller)で、デコルテを美しく見せるネックラインとシンプルで上品なデザイン、そして繊細なレースのロングベールがSNSでも好評を集めている。
 
 クレア・ワイト ・ケラーは「グッチ(Gucci)」や「ラルフローレン(Ralph Lauren)」「カルバン・クライン(Calvin Klein)」などを経て、2011年5月に「クロエ」のクリエイティブディレクターに就任。6年にわたり同職を務めた。ジバンシィには、12年間メゾンを手掛けてきたリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)の後任として参加。メゾン初の女性アーティスティックディレクターとなった。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ウェディングラグジュアリー - ウェアピープル
新規登録