ミュベール、裏地にヴィンテージスカーフ用いた1点物ライダース発売

 デザイナーの中山路子が手掛ける「ミュベール(Muveil)」が7月14日、ヨーロッパやアメリカのヴィンテージスカーフを裏地に使用した1点物のレザーライダースジャケットを発売する。価格は税別15万円。Gallery Muveilと公式オンラインショップで取り扱う。

 
 素材は柔らかく上質なラムレザーを使用し、ライダースのハードなイメージを剃り落としたデザインが特徴。背中にはアクションプリーツを施し、中にゴムを隠し入れることで程よく身体に馴染み、着心地を重視した仕上がりになっている。裏地にはクラシックな花柄やキャッチーなものなど、厳選したヴィンテージスカーフを背面と脇側にそれぞれ異なる柄を組み合わせた。

 「物が溢れる時代だからこそ大切に愛用する物になれば」という思いから、スカーフが傷んだ場合は顧客と相談の上、本来ライダースに使用される通常の裏地に変更、または新しいスカーフを用いてメンテナンスを行う。修繕費は有料となる。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアコレクション