リチャード ジノリが皆川明を起用、テーブルウエアを世界展開

 「リチャード ジノリ(Richard Ginori)」が、「ミナ ペルホネン(Minä Perhonen)」の皆川明がデザインを手掛けたテーブルウエアコレクション「Speranza」を発売する。過去に限定企画としてコラボレーションを行っていたが、リチャード ジノリが日本人デザイナーによるコレクションをグローバルで発売するのは今回が初めて。

「Speranza」コレクション - リチャード ジノリ

 「Speranza」は、今年4月に開催されたミラノサローネで初披露。皆川がジノリの工場を訪れ描き上げたデザインは、見つめ合う二羽の鳩がオリーブをついばむ様子を描いた「Speranza」、知恵や平和の花言葉を持つオリーブがモチーフの「Oliva」、新芽のイラストがあしらわれた「Germoglio」の3つ。価格はフタ付きマグカップが8,640円、ティーカップ&ソーサーが8,100円、ティーポットが2万1,600円、パスタプレートが5,400円などで、8月下旬からリチャード ジノリ取り扱い店舗で順次発売される。
 

© Richard Ginori Asia Pacific Co., Ltd.
photo:Norio Kidera styling:Fumiko Sakuhara
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

テーブルウェアコレクション