リヴ・タイラーが祝福「ベルスタッフ」都内初の旗艦店が銀座にオープン

 英国ブランド「ベルスタッフ(Belstaff)」が、都内初の旗艦店を4月20日に開業する新複合施設「ギンザ シックス(Ginza Six)」3階に出店する。4月18日、オープンに先駆けて新店舗ではレセプションが行われ、ブランドアンバサダーを務める女優リヴ・タイラー(Liv Tyler)が来店した。

来日したリヴ・タイラー - Fashionsnap

 新店舗ではウエアや靴、バッグなどのフルコレクションをメンズとウィメンズの両方で取り扱う。ベルスタッフはこれまで松坂屋名古屋店、伊勢丹新宿店メンズ館、大丸神戸店と国内3店舗を展開してきたが、ウィメンズの取り扱いがあるのは神戸店のみだった。将来的には顧客層を男性6割、女性4割まで引き上げたい考えで、今後はメンズとウィメンズの複合型店舗での出店拡大を計画。ベルスタッフ・ジャパンの多久和肇CEOは「2〜3年以内に10店舗をオープンしたい」と話した。
 
 昨年の秋冬シーズンからアンバサダーを務めるリヴ・タイラーは、ギンザ シックスのオープンに合わせて来日。「子供の頃、営業終了後の夜の百貨店で思う存分ショッピングをしてみたいという夢があったのですが、ギンザ シックスはそんな気持ちを思い出させてくれました。ここでお買い物をして帰りたいです」とコメント。店頭に並んだベルスタッフとのコラボレーションコレクションについて「タイムレスなコレクションに仕上がっているので是非楽しんで着てほしい」と呼びかけた。

 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアリテール