レナウン/自分だけのスーツを月額レンタル、保管・メンテはおまかせ

 レナウンは今秋、ビジネスウェア月額定額レンタルサービス「着ルダケ」を本格展開する。

サービスの流れ

 「着ルダケ」は、3月から開始した、男性向けビジネスウェア(スーツ)の提供、クリーニング、保管、衣替え、引き取りまでを一連で行う月額定額制サービス。
 
 スーツは、契約者専用なので、他の契約者とスーツを共有せず、さらに2シーズンごとに新品の商品と交換することで、衣類のシェアに抵抗を感じる消費者も安心して利用できる。
 
 サービスは2年単位で、半年ごとに1年目の商品をクリーニングして、衣替え時まで同社で保管、メンテナンスし、2年目に再度配送する。
 
 継続2年ごとに新品商品と交換し、使用済み分はレナウンで引き取る。気に入ったスーツがあれば、利用者が有料で買い取ることもできる。
 
 現在加速するスーツ離れにより、年間のスーツの支出額は10年で約4割減と低迷を続いている(総務省2017年「背広服」の家計消費支出)。
 
 同社は、主力ブランド「D’Urban(ダーバン)」など販売だけのビジネスモデルに危機感を感じ、顧客と継続的な関係を築けるサブスクリプションシステムに着目。
 
 また、PwCコンサルティング「国内シェアリングエコノミーに関する意識調査2017」によると、「他人のモノや場所等を利用することに抵抗がある」消費者が約4割いることがわかった。そこで、「着ルダケ」では、ビジネスウェアを他人と共有せず、専用のスーツを利用できるスタイルを採用した。
 
 中川智博・カスタマーリレーション&コーポレートコミュニケーション統括部長は、「シェアではなく、カーリースのように、自分だけの専用のスーツを利用できるのが最大のメリット。スーツ離れが進んでいるとはいえ、スーツはビジネスの基本。手軽な月額レンタルで、品質の良いスーツを試し、自信をもってスーツを着こなす消費者を増やすことで、スーツの復権につなげたい」と話す。
 
 今春のサービス開始時は、トライアルとして50名程度の利用があった。その利用者はほぼ秋冬の利用も継続し、7月から開始した新規申し込みも数百件にのぼり、順調に契約数が増えている。
 
 メインターゲットは、スーツを毎日着る営業職、接客のある30~40代を想定。現在の申し込みでは40代が一番のボリュームゾーンだが、スーツ初心者の20代から定年直前でスーツを増やしたくない50代からの申し込みもあり、幅広い年齢、職種の利用者がいるという。
 
 利用料金は、月額税別4800円からスーツ2着ずつ2シーズンレンタルするスタートアッププランと、5800円からスーツ3着ずつ2シーズンレンタルするエンタープライズプランの2つのサービスを提供する。
 
 スーツは、レンタル専用ブランドを導入し、同社クオリティでは1着5~6万円程度の商品が利用できる。
 
 中川統括部長は、「ぴったりのサイズで、お客様だけのスーツを提供。スタートアッププランを例にとると、1年間で利用料金は5万円超、2年で11万円超となり、5~6万円超のスーツを2年で4着利用できるため、お得に、いつでも旬のスーツスタイルを楽しめる」。
 
 また、「衣替え時のクリーニング、メンテナンス、保管は当社で引き受け、お客様はビジネスウェアを着るだけ。シーズン外の面倒な手間を当社におまかせいただき、クラウドソーシングするように、便利に使っていただけるサービス。今後、福利厚生の一環とて法人契約いただくことや、レディスバージョンも挑戦したい」としている。
 
 それぞれオプションとして、スタートアッププランでは、スーツ+シャツ5枚(6400円)、スーツ+シャツ5枚+ネクタイ3本(6800円)、エンタープライズプランは、スーツ+シャツ10枚(9200円)、スーツ+シャツ10枚+ネクタイ5本(9800円)を選択できる。
 
 現状、一番人気はシンプルなスタートアッププランだが、次いでスーツ+シャツ10枚+ネクタイ5本のオプションを付け、フルコーディネートできるエンタープライズプランが人気だという。
 
 契約期間は半年単位で、半年で解約もできる。
 
 サイズは、16サイズ(Y体4~7号、A体4~7号、AB体4~7号、BB体4~7号)、5デザインを展開。体形の変化を考慮し、パンツのウエストにはアジャスター付き。

東京のレナウン本社ショールーム

 プランの申し込みやサイズの申請などはウェブ完結を前提とするが、採寸希望者には、事前アポイント制で東京のレナウン本社が対応する。
 
 また、着ルダケやビジネスウェアにまつわる悩みを解消するために、コンシェルジュサービスを開始。
 
 質問や悩みなどを問い合わせフォームより送信すると、レナウンのビジネスウェア部門担当スタッフがメールで返答する。将来的には、チャット、LINEなどでの対応も検討している。
 
 11月15日まで、秋冬シーズンの申し込みを受け付けている。
 


■着ルダケ
https://kirudake.e-shop.renown.com/



Copyright © 2018 All rights reserved.
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアリテール
新規登録