京王百貨店新宿店、婦人服売場を訪日外国人客向け化粧品売場に転換

 京王百貨店が、「客層の拡大」を掲げて段階的な全館改装を進めている新宿店に、訪日外国人客向けの化粧品売場を開設する。オープン日は2月15日。


 日本政府観光局(JNTO)によると、2017年1月から12月までの累計訪日外客数は約2,869万人(前年比約19%増)で、全国の百貨店での2017年1月から12月までの免税売上は約2,704億円(前年比46.3%増)と大きく伸長。京王百貨店新宿店では2017年4月から12月までの免税売上高は前年比約2.2倍と好調に推移し、なかでも化粧品はメードインジャパン製品を扱う国内ブランドを中心に人気を集め、免税売上を牽引した。
 
 一方、1階化粧品売場が国内外からの来館者で混雑している状況だったことを受け、2階「フォーリンカスタマーカウンター」(免税カウンター)前を婦人服売場から、中国人観光客をはじめとした訪日外国人客をメインターゲットに据えた化粧品売場へと転換。また、外国人客に人気の雑貨を隣接展開し、化粧品売場や免税カウンターを利用する外国人客のさらなる売上拡大を目指す。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

フレグランスコスメ観光リテール