企業間で在庫を売買できるフリマサイト「スマセル」が1億円調達

 企業間で在庫を売買できる繊維・ファッション業界に特化したフリマサイト「スマセル(Smasell)」を運営するウィファブリックが、Crooz Ventures、セプテーニ・ホールディングス、KLab Venture Partners、SMBCベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタルを引受先とする1億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

画像: ウィファブリック

 現在はインターネット広告事業を展開するセプテーニ・ホールディングスとの連携を検討しており、今後新しい事業展開を計画予定だという。
 
 スマセルは、企業間で手軽で早く、効率良く在庫を売買するためのプラットフォーム。リリースから半年で登録社数は350社を超えており、大手アパレル企業や商社、百貨店、リサイクルショップなど幅広い業態の企業が利用している。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアテキスタイル産業ビジネス