佐藤可士和が監修、セブン-イレブンの店舗スタッフ制服が一新

 セブン‐イレブン・ジャパンが日本国内2万店突破を記念し、今年10月から全国のセブン-イレブン店舗で勤務する約40万人の従業員が着用するユニフォームのデザインを一新する。デザインは2010年からセブン-イレブンのクリエイティブディレクションに携わるクリエイターの佐藤可士和が監修した。

新ユニフォーム 画像: セブン‐イレブン・ジャパン

 セブン‐イレブンの創業以来、ユニフォームのリニューアルは今回が5回目。ブランドイメージを統一するため、新ユニフォームにはコーポレートカラー「朝焼けのオレンジ」「夕焼けのレッド」「オアシスのグリーン」の3色を使用した。季節に合わせて半袖と長袖の2種類をラインナップし、耐久性や着回しやすさ、速乾性を重視した素材を採用している。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

デザイン
新規登録