山田孝之、著名人起用したライブ動画のEコマース会社をトランスコスモスと立ち上げ

 俳優の山田孝之が、インフルエンサーのプレミアムコンテンツをライブ動画で販売するECプラットフォーム「ミーアンドスターズ(Me&Stars)」を運営するミーアンドスターズ株式会社をトランスコスモスとともに立ち上げた。山田は同社の取締役CIO(Chief Innovation Officer)に就任。今日からティザーサイトを公開しており、サービスの開始は今冬を予定。

山田孝之 取締役CIOと 佐藤俊介 代表取締役社長兼CEO - 画像: Fashionsnap

 ミーアンドスターズ代表取締役社長兼CEOには、「ディーティーティーケー(D.TT.K)」や「ミューラル(Murral)」を運営するBrand's Right Hand社CEOでトランスコスモスの取締役CMOを務める佐藤俊介が就任。山田と佐藤のほか、「東京ガールズコレクション」や「コスメキッチン」の立ち上げに携わり、インフルエンサーマーケティングのパイオニア的活動を行ってきた小寺達也が取締役、「山田孝之の東京都北区赤羽」や「山田孝之のカンヌ映画祭」の脚本・構成を手掛けてきた放送作家の竹村武司が構成作家としてそれぞれ参画する。
 
 ミーアンドスターズは「あなたにとっての特別を手に入れよう」をミッションに、情報やモノが溢れる現代社会において、世の中に流通していないプレミアムなモノや体験をファンへライブ動画を通じて届ける。主要サービスとしては、ライブ動画配信でコンテンツを販売し、オークションなどさまざまな形式で参加・入札・購入・応援がリアルタイムで可能な「プレミアムライブコマース」、スターの限定アイテムなど付加価値性が高いモノを紹介する「プレミアムプロダクト」、購入者の中から選ばれたユーザーだけに対してスターとのスペシャルな体験を提供する「プレミアムエクスペリエンス」を用意。プレミアムエクスペリエンスの様子はオリジナル動画コンテンツとしてデジタル放送を行う。オークションなどモノコンテンツへの参加は基本的に無料だが、体験動画の閲覧など一部コンテンツは有料での提供を予定している。具体的な体験の内容について、佐藤は「現時点ではまだ詳しく言えない」としながらも、有名なサッカー選手とのPK戦や場所を貸し切ってスターと一緒に時間を過ごすなど「握手をするだけで終わらない交流」を提供していく考えだ。
 
 「C Channel」や「メルカリ チャンネル」といった類似サービスとの違いについては「他社のサービスで起用しているインフルエンサーは、これから有名になっていく"中堅層"がメイン。ミーアンドスターズはトップオブトップを集めて体験を作るモデル。ターゲット層のレイヤーが異なる」(佐藤)と説明。また、モノに限定せず体験の販売を行うことで差異化を図るという。なお、立ち上げ初期の段階では、参加する"スター"は山田孝之を筆頭にテレビに出演する知名度の高い著名人やデザイナーなど影響力を持った人物を予定しているが、インスタグラマーなどデジタル系インフルエンサーの起用も視野に入れる。
 
 人気俳優が取締役として動画コマースに参入するのは異例。山田は「もともと動画コンテンツ事業をやってみたいと考えていたわけではなく、今年6月頃に取締役の小寺さんから今回の話があり、何か新しい面白いことができるんじゃないかと感じて参加を決めた」と経緯を説明。取締役としてこれまで俳優業で培ってきた繋がりなどを生かしながら、「きっとこういうことは(スターが)嫌がるんじゃないか、これは喜ぶんじゃないかというマネージャー的視点でも役に立てるのではないかと思う」と、参加するスターに寄り添いながらサービスを展開していきたいという。また、スターと一緒に企画を進めるプロセスも特長の一つとし、「ゼロから企画に携われることは芸能界では意外とないので、スターにも楽しんでもらえるのでは」と話した。1966年に創業したトランスコスモスのグループ会社の取締役に就くにあたり「面白いサービスを作ってしっかりと会社として成立させて、母体のトランスコスモスにも貢献できたら」(山田)と意気込みを語った。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - その他美容 - その他メディアピープル