戸賀敬城がメンズクラブなど3誌の編集長を退きハースト婦人画報社を退社

 ハースト婦人画報社の戸賀敬城氏が、メンズファッション誌「メンズクラブ(Mens Club)」など3誌の編集長を4月28日付で退任し、同社を退社することを自身のブログで発表した。最終出社日は4月26日としている。

戸賀敬城氏(右端)※2014年10月末に開かれた「メンズクラブ」創刊60周年記念パーティー時に撮影 - Fashionsnap

 戸賀氏が編集長から退くのは「メンズクラブ」「エスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブック(Esquire The Big Black Book)」「Beyond by Lexus」の3誌。新編集長はハースト婦人画報社のイヴ・ブゴン代表取締役社長兼CEOが務める。
 
 戸賀氏は自身のブログで「スタートから数年、それはそれは苦しい道のりでした。就任翌年には、リーマンショックもあり、どうなるものか......初めての外資迎えた危機は、戸賀の胃を毎日きりきりと締め付けた」と一時は苦しい時期もあったという。明日4月1日でメンズクラブの10代目編集長に着任してから10年が経過。スタッフと協力しながら創刊60周年を迎えるなど「いい思い出しか残ってない」と振り返っている。戸賀氏は退社後も"ハースト・メンズ・メディア・ブランド・アンバサダー"という肩書きで「メンズクラブ」や同誌のデジタル版「メンズ・プラス(Men's +)」などに携わりながら、5月以降は新メディアやブランドを手掛けていくという。
 

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアメディア人事ビジネス