振り袖レンタル業者「はれのひ」篠崎洋一郎社長が謝罪、負債総額は約10億円

 振り袖レンタル業者「はれのひ」が成人式を前に事前告知なしに営業を停止し、新成人が晴れ着を着られなかった問題で、同社の篠崎洋一郎社長が1月26日19時から横浜市内で記者会見を行っている。

会見の様子 - 画像: Fashionsnap

 会見では弁護士から一連の問題についての説明が行われ、その中で負債総額は約10億円で、債権者の数は約1,600人であることを発表。篠崎洋一郎社長は「ご迷惑をおかけしたことを深くお詫びを申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェア産業
新規登録