日本の伝統的な染色工芸にフォーカスした企画展をIssey Miyake Kyotoで開催

 イッセイ ミヤケ(Issey Miyake)が、「Issey Miyake Kyoto」に併設するコミュニケーションスペース Kura(蔵)のギャラリーで企画展「Kura展:締と絣―京の職人たち」を開催する。期間は11月1日から11月28日まで。

展示会ポスターImage by: ©Issey Miyake Inc

 布の一部を防染しながら染色することで文様を浮かび上がらせる「締(しめ)」とあらかじめ染め分けた経糸を織り上げて文様をつくる「絣(かすり)」は、日本の伝統的な染色の技法で、日本の衣服の表現方法として用いられている。同展では、現在もこれらの技術を受け継ぎ活動する染めの職人の重野和夫氏と葛西郁子氏を紹介。京鹿の子絞りの伝統工芸士であり、「縛る」「括る」などの様々な染めの手法を扱う重野氏と、多数の糸を緻密な計算に基づき指先で組み替えることでかすれたような独特な文様を作り出す葛西氏による作品展示を通して、職人たちの卓越した技と文様の魅力を発信していく。


■「Kura展:締と絣―京の職人たち」
会期:2018年11月1日(木)〜11月28日(水)
会場:Issey Miyake Kyoto
住所:京都府京都市柳馬場三条下ル槌屋町89
営業時間:11:00〜20:00

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアテキスタイルイベント
新規登録