日本初「ブルガリ ホテル」が2022年開業、ブルガリ運営レストランを展開

 ブルガリ ホテルズ&リゾーツと三井不動産が、日本初となる「ブルガリ ホテル」を東京駅前に開発予定の超高層複合ビル内にオープンする。開業は2022年末を予定している。

「ブルガリ ホテル 東京」外観完成予想イメージ - 画像: ブルガリ ホテルズ&リゾーツ

 ブルガリ ホテルズ&リゾーツは、ミラノやロンドン、バリ、北京、ドバイでラグジュアリーホテルを展開。年内に上海、2020年にモスクワとパリにオープンを控えている。9軒目となる「ブルガリ ホテル 東京」は、東京・八重洲に建設予定の複合ビルの39階から最上階45階までの7フロアで構成。同ビルにはオフィスや商業施設、バスターミナルなどが入る予定で、ホテルの延床面積は約1万9,000平方メートル。ツインとダブルルームを中心に、スイートからブルガリスイートまで多様なタイプを取り揃えた98室の客室を用意する。
 
 ホテル内では、ブルガリが運営するイル・バール(Il Bar)やイル・リストランテ(Il Ristorante)、イル・チョコラート(Il Cioccolato)のショップをはじめ、暖炉のあるラウンジ、ボールルーム、スパ、フィットネスジム、25mの屋内プールなどを展開。内装デザインはイタリアの建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール(Antonio Citterio Patricia Viel and Partners)が手掛け、洗練されたイタリアンスタイルの空間を演出する。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ホテル観光ラグジュアリー - その他リテール
新規登録