日本百貨店協会/4月の外国人売上高、初の単月300億円超え

 日本百貨店協会が発表した4月の外国人観光客の売上高・来店動向によると、外国人観光客招致委員会委員店(93店)での免税総売上高は約316億1000万円(前年同期比42.9%増)となった。


 免税総売上高は約316億1000万円(42.9%増)と、初めて単月で300億円を超し過去最高額を記録。17か月連続のプラスとなった。
客数も約46.6万人(42.4%増)と、2013年2月から数えて63か月連続でプラスとなった。

 一般物品売上高は約180億円(34.4%増)、消耗品売上高(化粧品、食料品など)は約136億円(56.1%増)。一人当たり購買単価は約6万8000円(3.6%増)。

 外国人観光客に人気の商品順位は、化粧品、ハイエンドブランド、食品、婦人服、婦人服飾雑貨。

 免税手続きカウンターの来店国別順位は、中国本土、韓国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシアの順となった。



Copyright © 2018 All rights reserved.
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - その他コスメ観光ライフスタイル - その他ラグジュアリー - その他産業リテールビジネス
新規登録