最も取引が多いのはユニクロ、メルカリが5年間を振り返る数字公開

 メルカリが、サービス開始5周年を記念し、5年間を数字で振り返る「数字で見るメルカリ」を発表した。

取引されているブランドTop10 - Image: メルカリ

 取引されているブランドランキングでは、買われているブランドと、売られているブランドはともに1位が「ユニクロ」で、「ナイキ(Nike)」「アディダス(Adidas)」「シャネル(Chanel)」「ラルフ フローレン(Ralph Lauren)」と続き、上位5位が一致した。買われたブランド6位にはガジェット系の「アップル(Apple)」や、7位に子ども服の「ミキハウス」などがランクイン。一方売られているブランドの7位には「ルイヴィトン(Louis Vuitton)」、10位には「コーチ(Coach)」と海外ブランドが入るなど、需要と供給に差が見られた。そのほか、1番最初に売れたものとして「ドット柄のカットソー」や、最高額で取引された315万円のダイヤモンドなどが紹介された。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他美容 - その他ライフスタイル - その他メディア
新規登録