服から服をつくる、シアタープロダクツとBringがTシャツを共同開発

 日本環境設計が運営する「Bring」が、服から服をつくるサーキュラーエコノミーコンセプト製品「Bring Tシャツ」を発売する。クラウドファンディング「マクアケ(Makuake)」で2月9日の今日から先行販売を開始しており、2月18日までキックオフイベントとして表参道ヒルズにポップアップショップを開設している。

Bring Tシャツ - 画像: Bring

 サーキュラーエコノミー実現のため再生ポリエステル製品製造、古着の回収を行うbringは、資源を循環させる製品として再生原料を使ってtシャツを製作。ボディは「シアタープロダクツ(Theatre Products)」と共同開発し、ポリエステル100%でありながらコットン地のような柔らかな肌触りを実現したという。
 
 開催中のポップアップショップでは、アジアからメディアカルチャーを総合的に発信する国内初のプラットフォーム「MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform」とコラボレーション。MeCAのアーティストがデザインした会場限定オリジナルTシャツの販売とBring Tシャツの試着会が行われている。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアリテールコレクション