計測データを電子化するIoTメジャー開発、富士通がマクアケで先行予約

 富士通デザイン、プライムキャスト、富士通コンポーネントの3社がクラウドファンディングサービス「マクアケ(Makuake)」で、画像内への⼨法記載を⾏うためのスマートフォンアプリと採寸用のデジタルメジャー「ハカルノ(Hakaruno)」のプロジェクト実現を目的としたクラウドファンディングおよび先行予約を2月6日の今日開始した。

画像: 富士通デザイン、プライムキャスト、富士通コンポーネント

 ハカルノは、フリマアプリやオークションサイトユーザーおよびアパレル店舗を対象にしたIoTメジャー。アプリを使いスマートフォンで撮影した画像の上をなぞって計測したい部分を決め、デジタルメジャーで測ることでデータが画像に反映される仕組みになっている。
 
 また、アパレル店舗でのお直しやオーダーメードに使われる伝票の半⾃動化にも対応。店舗で使われる伝票を画像として保存し伝票フォーマットを⽤意すれば、メジャーの計測ボタンを押した時点で計測値を伝票に記載することができる。
 
 マクアケでは、1,050万円を目標金額に設定し資金を募集。法人に向けたセット売りの予約受付も行っている。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - その他ビジネスイノベーション