資生堂がニオイセンサー付シューズを開発、大阪で展示

 資生堂のデオドラントブランド「エージーデオ24」が、「エージーデオ24 デオドラントフットクリーム」の発売に合わせて、ニオイセンサー付シューズ「Sensing Shoes」を開発した。

Sensing Shoes - 画像: 資生堂

 Sensing Shoesはニオイセンサーを取り付けたシューズで、履いた時にセンサーが足の匂いを感知。臭度と湿度を測定し、ニオイレベルを知らせる。測定したニオイレベルは、今回のために開発されたスマートフォンアプリで見ることができる。
 
 開発にあたりファッション性や履き心地を追求し、シューズブランド「ブルーオーバ ー(Blueover)」のデザインを採用。ウィメンズは定番モデル「Mikey」を、メンズは走る機能に特化した「Marty」をベースにしている。
 
 公式サイトではSensing Shoesの機能性をまとめた紹介ムービーを公開。また12月1日から7日までの期間、大阪のStruct by Blueoverでは実物とアプリを展示する。なお、Sensing Shoesの販売予定はないという。


 

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズイノベーションコレクション
新規登録