資生堂、組立工程に人型ロボットを試験導入 化粧品業界では世界初

 資生堂は2017年3月、同社掛川工場において、メーキャップ製品組立工程に産業用人型ロボットを試験導入した。化粧品業界としては世界初となる。

人とロボットの協働作業 - 資生堂

 作業者1名および人型ロボット2名により、異なるパーツを組み立てることで最終製品に仕上げる。機械や従来の産業用ロボットでは自動化し得なかった工程を担うことができる人型ロボットと、人間ならではの細やかさが必要となる検品作業に専念できる作業員を組み合わせることで、「人とロボットの共同作業」を実現したという。
 
 顧客の嗜好が多様化している化粧品業界では、多品種少量生産に適応した生産が課題となっている。特に構成材料が多いメーキャップ製品は、ケース組立、レーベル貼付といった複雑な工程もあり、従来の設備による自動化は困難だった。また、検査には人の感性が必要となり、機械での代替は不可能だ。
 
 こうした理由から人手に頼った生産が主流となっていたものの、今日の日本では労働力不足も課題となってきており、新たなモノづくりへの対応が迫られているという。今後はロボットの活用により、複数の生産ラインを一人で管理・検査・判断するなど、人の能力を最大限に活用した生産体制を作り上げること目指す。
 
 今回の試験導入は経済産業省「平成28年度ロボット導入実証事業」を活用したもので、ロボットシステム開発を手掛けるグローリー株式会社との協業による。

 

不許複製・禁無断転載_x000D_
© 2017 FashionNetwork.com

コスメ産業イノベーション