今は亡き創業メンバーに捧げる「ベッドサイドドラマ」が10周年で初のショー

 谷田浩と西本絵美が手がける「ベッドサイドドラマ(Bedsidedrama)」が、初めてショー形式でコレクションを発表した。2017年春夏コレクションのテーマは「Daydream Believer」で、現実と夢が交差する世界観を表現。昨年35歳の若さで逝去した創業メンバーの一人、ぬいぐるみアーティストのさとうかよの作品を彷彿とさせるアートピースも披露した。

Fashionsnap

 「ベッドサイドドラマ」は、2006年に「ストフ(Stof)」デザイナーの谷田浩、現代美術家として活躍したさとうかよの2人によって設立されたブランド。2017年春夏は「Daydream Believer」をテーマに、「起きていても夢を忘れられないようなコレクション」に仕上げたという。
 
 会場にはブランコや窓のフレームが吊るされた劇場型の舞台が設置され、10周年の集大成として過去のコレクションに登場したモチーフを織り交ぜた。オパール加工を施したパンツやプリント柄のトップスといった"見せるため"の素材にこだわったアイテムに、ろうそくや羽をデコラティブに装飾したヘッドピースを組み合わせることで、非現実的な世界を表現。ショーには故さとうかよへのオマージュとして、ぬいぐるみを使った作品もあり、フィナーレでは彼女に思いを馳せ涙を流す来場者もいた。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッションショー
新規登録