パリ発ジュエリーブランド「デルフィーヌ・シャルロット・パルマンティエ」、大阪と東京にポップアップストア出店

 有名メゾンで経験を積んだデザイナーが手掛けるパリ発のジュエリーブランド「デルフィーヌ・シャルロット・パルマンティエ(Delphine-Charlotte Parmentier)」が、阪急うめだと銀座三越にポップアップストアをオープンする。

16年秋冬「Re-Birth」コレクション - Delphine Charlotte Parmentier

 デザイナーのデルフィーヌ・シャルロット・パルマンティエは、1989年にパリの名門服飾専門学校スタジオベルソー(Studio Berçot)を卒業後、オートクチュールブランドのハイジュエリーコレクションに携わってきた。1992年に自身のブランドを立ち上げ、97年にはパリにショップを開設。
 
 「カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)」、「ミュグレー(Mugler)」、「クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)、「ランバン(Lanvin)」、「ニナ・リッチ(Nina Ricci)」、「ウンガロ(Ungaro)」、「クロエ(Chloe)」、「ハナエモリ」、「ヴァレンティノ(Valentino)」、「ポール&ジョー(Paul & Joe)」、「ケンゾー(Kenzo)」、「バレンシアガ(Balenciaga)」、「レオナール(Leonard)」といった名だたるメゾンでの仕事に劣らぬ、高いクリエイティビティと品質にこだわっているという。コレクションはパリ市内のアトリエで製作されている。
                   
 阪急うめだ本店には9月7日~13日、銀座三越には9月21日~10月4日の期間で、それぞれポップアップショップを開設し、最新の秋冬コレクション「Re-Birth」を販売する。
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ラグジュアリー - アクセサリー・雑貨宝飾品・貴金属リテール