東京ファッションウィークDay 1、パリ凱旋「マメ」の初ランウェイ

 東京ファッションウィーク18年秋冬シーズン、「Amazon Fashion Week Tokyo 2018 A/W」が3月19日に開幕した。オープニングを飾った韓国ブランド「フライノック(Frieknock)」のショーには超新星のゴニルが登場して注目を集めたほか、「ミツル オカザキ(Mitsuru Okazaki)」、「エックス エスエムエル((X).S.M.L)」、「ザ・ダラス(The Dallas)」など初参加のブランドが目立った。また、先日パリにてプレゼンテーション形式でコレクションを発表した黒河内真衣子の「マメ(Mame)」は、ブランド初となるランウェイショーを開催。新鮮なスタイリングを披露した。


「マメ」、現代女性が纏う"民藝"的フェミニティ

Mame Kurogouchi AW 2018 - Fashionsnap

 先日デビューしたパリ ファッションウィークでは、プレゼンテーション形式でコレクションを披露した「マメ」。初となるランウェイショーを行った東京の地で見せたのは、よりシンプルでウェアラブルなスタイリングだった。
 
 フランスの建築家・家具デザイナーのシャルロット・ペリアンにインスパイアされたという今回のコレクション。コルビュジエのもとで修行を積んだペリアンは1940年に日本へ渡り、地方に残る伝統工芸と西洋のモダニズムとを融合させた作品を生み出した。彼女が共鳴した民藝運動が日常に美を見出したように、黒河内もまた自らの日々で見つけた色彩を取り入れ、ミントグリーンやブラウンを効果的に使ってみせている。
 
 様々な編み方と糸で変化をつけたニットや、秋らしい草花が散るプリントドレス、裾や袖に印象的にあしらったフリンジなどはどこか懐かしいフォークロアなムードも感じさせるが、しかし素材使いや絶妙にセンシュアルなシルエットは非常に現代的だ。ストライプにメタリックの草花模様が浮いたシアージャカードはドレスやブラウスに、チュールのように繊細なニットは体に沿って肌やインナーを透かしたセクシーなアイテムに仕上げられている。長めのレングスも、タイトなシルエットや深いスリットによってフェミニンに昇華。また、ファーとレザー、フリンジを複雑にミックスしたアーティザナルなアウターも目を引いた。
 
 伝統と現代性、和と洋を取り入れ、地に足のついた感覚で自分のものにしてみせたコレクションには、まさに「現代社会の女性のための戦闘服」にふさわしいフェミニティが表れていた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッションショー