東京駅に新エキナカ施設「Echika fit 東京」 キーワードは"旅"

 東京メトロとメトロプロパティーズが、東京メトロ丸ノ内線・東京駅構内に新商業施設「Echika fit(エチカ フィット)東京」をオープンする。「旅」をキーワードに、ビジネスマンや観光客など、東京駅の利用者に向けてアパレルや日常生活に役立つ雑貨を販売する店舗を集積。2012年2月20日のオープンを予定している。


 「Echika fit 東京」のコンセプトは、"TOKYO TRAVEL"。通勤・通学など毎日の移動を「旅」と捉え、「施設を訪れる人々と時代にfit(フィット)したトレンドアイテム」を提案する。キャッチフレーズは、"ちょっといい、ちょうどいい、地下の街"で、「E(いい)」「chika(チカ)」とネーミングされた表参道駅や池袋駅で展開する「Echika」の考えを継承している。東京メトロ丸ノ内線・東京駅の中央口に隣接しており、52.7坪の敷地に計6店舗が入居予定。

 出店テナントは、ユナイテッドアローズ国内2店舗目のエキナカ店舗「The Station Store United Arrows Ltd.(ザ ステーション ストア ユナイテッドアローズ)」や、アパレルに加え雑貨のラインナップを充実させた「Lowrys Farm+(ローリーズ ファーム プラス)」、時計・ファッション雑貨を扱うアメリカ発の「Fossil(フォッシル)」。そのほか、ステイショナリーを展開する「itoya topdrawer(イトウヤ トップドロアー)」、インテリア雑貨を販売する「Francfranc The Post(フランフラン ザ ポスト)」、トラベルグッズのセレクトショップ「Travel Shop Gate(トラベルショップゲート)」など、ライフスタイルグッズを扱う店舗も出店予定。駅チカ、駅ナカショップならではのコンパクトなショップが並ぶ。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

観光リテール