ラコステ創始者ルネ・ラコステの私空間を表現、アジア初のコンセプトストアが新宿に

 「ラコステ(Lacoste)」の創始者ルネ・ラコステの1933年から約85年にわたるブランドヘリテージを表現したアジア初のコンセプトストア「ル・クラブ・ラコステ」が3月1日、小田急百貨店新宿店ハルク1階にオープンする。

店舗イメージ - 画像: Lacoste

 「ル・クラブ・ラコステ」は、ウッドラケットをイメージさせるさまざまなウッディー調のオブジェや、テニスコート脇にあるベンチを彷彿とさせる店内什器などで、テニスクラブのような空間を演出。光をふんだんに取り入れた開放的な店内には、ブランドの象徴的カラーである白と緑のコントラストを取り入れ、緑のコンクリートパネルはルネ・ラコステがテニスの練習を行った壁からインスピレーションを受けているという。フィッティングルームはロッカールームのような空間に仕上げ、ワニの刺繍やヴィンテージのテニスラケットを展示した骨董品キャビネットといった、ブランドの伝統にまつわるオブジェが飾られる。このほか、ポロシャツの専門スペースが併設される。
 
 ブランド85周年限定アイテムとしてカーフスキンレザーを用いたバッグなどを3月1日に、ブランド初のウール鹿の子ポロシャツ(1万9,000円〜2万円)を3月14日に先行発売する。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨リテール
新規登録