伊勢丹セレクト業態「イセタンサローネ」東京ミッドタウンに4月オープン

 三越伊勢丹ホールディングスが、東京ミッドタウンに伊勢丹新宿本店が編集するセレクトストア「イセタンサローネ」を2015年4月3日にオープンさせる。内装デザインは、建築設計事務所「新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之」が担当。レディスウェアを中心に、「MD(マーチャンダイジング)とアートの融合」をコンセプトにした好感度セレクトストアとして、上質な時間や特別な空間、"最高のお買い物体験"を提供する。


 「イセタンサローネ」は東京ミッドタウンのガレリアに2フロア、売場面積約900㎡で出店。名称は、伊勢丹によるセレクトストアという位置付けと、新宿本店と連携するサロンとしての役割を融合し付けられ、現在ロゴも開発中だという。伊勢丹が持つ独自編集とレディスファッション編集力に、日本の伝統素材による空間編集を融合させるため「新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之」が参画し、「My Comfortable Salon」環境デザインコンセプトのもと、自然光や日本の美意識を感じさせる素材、アーティステックな什器によって上質な空間を演出する。

 1階では、オリジナルのウェアや雑貨、ハンドバッグに加え、「ダミアーニ(Damiani)」や「フレッド(Fred)」、「フランク・ミュラー(Franck Muller)」などの宝飾・時計をそろえる。フロア内には独自のプロモーションスペースを設置し、オープニングイベントでは「Balck&White」というテーマに基づき「ハイク(Hyke)」や「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)」などの限定品を展開する。婦人服や婦人靴、コスメ、フレグランスなどが並ぶ2階では、「クオリティ&トレンド」をテーマに国内外のファッションブランドをセレクト。「イセタンサローネ」のために開発されたプライベートブランドの新ライン「T.G.I.F. Ready for the Weekend」をはじめ、独自MDで旬のスタイルを提案していく。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨リテール
新規登録