中国国際服装博覧会(CHIC)、初の秋シーズン開催

 Autumn Editionとしては初開催となる中国国際服装博覧会(CHIC)が、インターテキスタイル上海と並行して開催される。6000社のブランドや企業が出展する予定だ。会期は10月13日~15日で、3月の初回に比べるとやや縮小してはいるが、日本、韓国のアジアだけでなく、フランス、イタリア、ドイツなどのヨーロッパ勢、そしてブラジルからの新規参加が期待されている。


 前回3月が初開催となった同展は、来場者数12万5000人、出展者数1万2000社と大きな成功を収めた。今回はやや規模を縮小したものの、中国のアパレル製造業が一同に集う貴重な機会として、同展の持つ意義を堅固なものにしていきたいというのが、主催者側の方針だ。
 
 今回の会場は、中国博覧会展総合体(National Exhibition and Convention Center)のホール1、2、3を使用。総面積では7000平方メートルに及ぶ。
 
 更に、中には「ショー・イン・ショー」の形で、イギリスの展示会「ピュア・ロンドン(Pure London)」が参加。「ピュア・上海(Pure Shanghai)」として、イギリスはもちろん、他のヨーロッパブランドや、アメリカ、オーストラリア、タイなどから約50のブランドを紹介する。
 
 また、ブラジル、フランス、イタリアなどが専用スペースで出展するほか、韓国はファッションショーを開催するなどして、特に積極的に展開していく意向だという。
 
 会期中は様々なセミナーが開かれ、中国市場におけるトレンドや貿易事業、そして今最も大きな可能性のあるEC市場に関するものも予定されている。
 
 今夏の中国経済の変調も、已然無視できない要素となっている。同展は、中国の繊維・アパレル市場の現状を見守っている外国企業に対して、「安心感」を提供させるのも目的と言えそうだ。「中国恐慌」を前に良い数字を示すことができれば、「世界の工場」たる国家の経済が「健全化」しているとの認識を与えることができるだろう。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

テキスタイル展示会