渋谷パルコが改装 ヨウジヤマモトの新コンセプトショップやガンリュウ単独直営1号店など出店

 渋谷パルコが、今秋9区画(170.38坪)をリニューアルする。モードファッションの提案を目的に、「Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)」初のブランドセレクト業態「Ground Y(グラウンド ワイ)」やコム デ ギャルソンが展開する「Ganryu(ガンリュウ)」の単独直営1号店などを出店。パルコ初出店となる「3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)」のコンセプトストアもオープンする。


 渋谷パルコは2013年度から2014年度春まで、53ショップ(1,391坪)を「モードファッション」と「カルチャー・エンターテインメント」をテーマに改装を進めてきた。改装の貢献もあり、昨年度に引き続き2014年3月から6月期も売上高前年比118.4%、入館客数108.3%と好調に推移。特に渋谷パルコパート1では、昨年度新規オープンの「Bao Bao Issey Miyake(バオ バオ イッセイミヤケ)」、「Homme Plissé Issey Miyake(オム プリッセ イッセイ ミヤケ)」、「Madstore Undercover」、Opening Ceremony(オープニングセレモニー)等が好調に推移し、モードファッションを中心とした改装が館全体の売り上げを牽引したことで、海外客の集客・売り上げ増にも繋がっているという。

 今秋の改装では、7月11日にオープンする「Ganryu」の単独直営1号店を皮切りに、「Edwin」と共同開発したデニムブランド「Yohji Jeans(ヨウジ ジーンズ)」等、ヨウジヤマモトが展開するブランドを複数取り扱うセレクト型の直営店「Ground Y」や「3.1 Phillip Lim」の日本プロジェクトのラストを飾るコンセプトストア、ウィメンズブランド「ロイスクレヨン」初のメンズセレクト業態「h.t.maniac men」が新たに出店。8月23日には、「Cabane de ZUCCa(カバンドズッカ)」がリニューアルオープンする。

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

コスメリテール