東京ミッドタウン、バンフォードの旗艦店など新規テナント発表

 東京ミッドタウンが4月3日、商業エリアに新規6店舗をオープンする。伊勢丹の新業態「イセタンサローネ」に加え、オーガニックブランド「バンフォード(bamford)」初の旗艦店やフローズンフルーツバー「パレタス(Paletas)」初のカフェなどが新たに出店。吉田カバンのオンリーショップ「クラチカ(Kura Chika)」は今春リニューアルオープンする。


 「都心の上質な日常」をコンセプトにした東京ミッドタウンは、今の東京に求められている「上質なライフスタイル」を提案するため新たに6店舗を導入。「ハイク(Hyke)」や「ヴィクター&ロルフ(Viktor&Rolf)」、「カルヴェン(Carven)」などを取り扱う予定のイセタンサローネや英国発のスパから生まれたオーガニックブランドのバンフォード旗艦店が出店。スキンケアブランド「イソップ(Aēsop)」やジュエリーを展開する「タサキ(Tasaki)」、リラクゼーションスペース「グランラフィネ(Grand Raffine)」、国産のフルーツを使用したアイスバーが人気のパレタスもオープンする。

Copyright © 2017 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアリテール